アンドロイドペイ

アンドロイドペイとは?手数料や相性のいいVISAカードまとめ

free_image_of_iphone__mobile__smartphone_-_stocksnap_io

2016年12月13日から
新しいサービスの利用がスタートとなりましたが、
みなさんはもうご存知でしょうか?

新しいサービスとは、
Googleによるアンドロイド搭載スマートフォンを
使った電子決済サービスです。

その名も 「Android Pay(アンドロイドペイ)」。


今回新しく始まったサービスのアンドロイドペイについて、

どういったサービスなのか?
手数料は必要なのか?
相性のいいクレジットカードはどこか?

などいろいろと調べてみたいと思います★


アンドロイドペイとは?


海外ではすでに導入が始まっている
アンドロイドペイですが、
日本でもようやく12月13日からの導入されましたね。


[voice icon=”https://zoechi.com/wp-content/uploads/2015/10/bsGAK_arupakapunpun.jpg” name=”アルバカさん” type=”l”]
このアンドロイドペイとはいったい何なのか?[/voice]

新に始まったアンドロイドペイとは、
スマートフォンを使った電子決済システム。

楽天Edyとの提携で
楽天Edyが使える店舗でのみ
スマートフォンでの支払いが可能となりました。


楽天Edyはすでに
全国47万店舗の加盟店があるので、
利用先に不便を感じることはなさそうですね。


ただし、アンドロイドペイが
対応できるスマートフォンが決まっているので

現在お使いのスマートフォンが対応端末なのか、
確認してみましょう。


アンドロイドペイの対応端末は?


『Android 4.4 KitKat以降のOSを搭載した端末』

つまりおサイフケータイ対応機種でしたら、
アンドロイドペイの対応が可能となります。


スマートフォンを使った
電子決算でのメリットとして、

クレジットカードと違い専用端末へかざすだけなので、
スキミングの心配がありません。


ですから海外でのお買い物にも
安心して使えるのは嬉しいですよね。


さらに少額の決済もできますから、
コンビニや対応する自動販売機などでも利用できるので、
小銭を出す手間が省けます。


でも、スマートフォンでの決済は便利だけど
セキュリティが心配って方もいらっしゃると思います。


でも安心してください!!

もしもスマートフォンを無くしてしまっても、
スマートフォン本体にはカード情報は存在しません。

ですから、仮に無くしてしまったとしても
カード情報が盗まれることはありませんし、

アンドロイドペイ対応端末には
遠隔ロック機能で端末データの消去もできます。


Android 6.0 Marshmallowでは
指紋認証機能が搭載されていますので、
紛失や盗難にも万全のセキュリティが備わっていますよ★



ただし、操作には
Googleアカウントとパスワードが必要なので、
忘れないように気をつけましょうね。

[ad#]

アンドロイドペイに対応するカードは?


現段階では
アンロイドペイ対応スマートフォンにアプリをダウンロードして
利用するカード情報を登録すれば、
スマートフォンでの決済が可能となります。


では、アンドロイドペイ対応するカードブランドは?

・American Express

・VISA

・JCB

・MasterCard


上記のクレジットカードが対応可能と
公式ページには記載がありますが、
中にはまだ利用できないカードもあるようです。


12月13日にサービスが開始したばかりなので、
これからどんどんと
対応可能なカードブランドも増えていきそうですね。

アンドロイドペイの手数料は?


アンドロイドペイを使用するにあたって、
気になるのは 手数料ですよね。

アンドロイドペイの使用手数料は一体いくら掛かるのか?


[voice icon=”https://zoechi.com/wp-content/uploads/2015/10/bsGAK_arupakapunpun.jpg” name=”アルバカさん” type=”l”]
なんと使用手数料は「無料」。[/voice]
やっぱり天下のGoogleさん太っ腹!


なんて思っていたら、
手数料無料にはGoogleならではの理由がありました。


その理由とは、

利用者の消費行動を知るためにデータを収集して、
分析するために手数料は取りませんよ。


ってことなんだとか。


データ収集って聞くとちょっと不安になりますが、
データ収集は匿名で行われて
個人情報などは含まれないので、安心してください。

悪までも、利用者のニーズを知るための
データ収集なんだそうなので。


まとめ


すでに日本でもサービスが
開始となっているアンドロイドペイですが、
手数料を無料にする代わりに、

消費データを収集させてくださいという
Googleのスタンスをどう捕らえるかですね。


私個人としては、
消費行動を把握するためのデータを取られることよりも、

海外旅行などで現金やクレジットカードを
持ち歩いて紛失や盗難に合ったりスキミングされるよりも、

しっかりとしたセキュリティに守られている
アンドロイドペイを利用する方が、

安全面でもデメリットが少ないように感じますが、
みなさんはどの様にお感じになりましたでしょうか?


これから、まだまだ進化するアンドロイドペイから
目が離せなくなりますね。